2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ DIY
TAG ≫ DIY
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

井戸掘りDIY 2

こんにちはガメイです。

井戸掘りDIYなんてどこにも需要が無さそうな事やってますw

とりあえず結果から行きますと、井戸水出ました!!

まずは井戸掘りDIY1井戸掘り方法など書かれてます。

前回の記事の方法で7.5mほど掘り進め、石?岩にぶち当たり、刃先が曲がりまったく掘り進められなくなったので掘り作業は終了。

井戸断面図

我が家の表土は画像のように石の多い土が最初長く、この2mを掘るのに2日ほど、
その後の赤と白の粘土層は掘りやすく1日ほど
そして長くきれいな砂層を2日ほど掘ったでしょうか>

ただし掘った時間は丸1日というわけではなく、堀機などの故障も多かったので、再度同じ作業をするなら丸2日もあれば終わるでしょうか?

とにかくきつかったのは表土の石の多い層でした。
手の皮がズル剥けでしたw
その後は楽にはなりましたが、掘るにつれて堀切を伸ばしていくために、取り回しが難しくなり引き上げのペースがどんどん落ちていきました。

一般的な井戸は浅井戸というものが多く、浅井戸のポンプは真空ポンプの構造で、大気圧を利用して吸い上げています。
それなので最大でも1気圧の10mまで、ただし配管の圧力漏れなど考慮してメーカーでは8mと記載されています。
つまり昔ながらの手押しポンプの井戸がそこかしらにあるような土地では10mも掘れば水が出るんですね!!

実際うちのところでは5.5~6.0mくらいで水が出ており、7.5mで掘れなくなりましたが、下の方がずっと水っぽかったです。

わずか5m下に水がなみなみって中々怖いですね><

ですが水を入れながら掘り進むので、途中から水を足さなくてもなんか水が減らない?
みたいな感覚はありますが、帯水層へ到着したかよくわかりません。

ガメイは↓のように確認しました。



帯水層から1.5mほど掘り進めました。
岩にあたって掘れなくなったのとこれだけ水があれば十分と判断したからです。

掘り終わったら井戸洗いをします。

井戸洗い 前

井戸に水を流し込んで…
待つこと1時間

井戸洗い 後

水がきれいになってきました!!
水が完全に透明になるまで続けます。
ガメイ宅では1時間半位やったでしょうか?

その後井戸の底はそのまま砂層になっており、砂の舞い上がりを防止するために

活性炭

活性炭を投入!

30メッシュの細かい網戸で作ったストレーナー1号(こちらは試作品で、本番はできの良い2号を使いました。)
を管に挿入!

ストレーナー

旧井戸のポンプをつないで

井戸接続

揚水成功!!

揚水成功

なんですが、水が連続して出ません><
溜まっている1.5mの水を吸い上げるとしばらく置かないと水がでない(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!

まさか堀が浅かった!?
嫁に馬鹿にされる!!
しかしこれ以上は岩が邪魔して掘り進められない!
もう一本掘るか?でもここまで掘った費用が…
折角頑張ったのに終わり??
業者に頼むべきだったのか?



さまざまな考えが浮かんでは消える…

というわけで次回に続く(誰も読んでないって?
スポンサーサイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
フリーWEB素材 Re:vre
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。