2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 外構・エクステリア
CATEGORY ≫ 外構・エクステリア
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

井戸掘りDIY 2

こんにちはガメイです。

井戸掘りDIYなんてどこにも需要が無さそうな事やってますw

とりあえず結果から行きますと、井戸水出ました!!

まずは井戸掘りDIY1井戸掘り方法など書かれてます。

前回の記事の方法で7.5mほど掘り進め、石?岩にぶち当たり、刃先が曲がりまったく掘り進められなくなったので掘り作業は終了。

井戸断面図

我が家の表土は画像のように石の多い土が最初長く、この2mを掘るのに2日ほど、
その後の赤と白の粘土層は掘りやすく1日ほど
そして長くきれいな砂層を2日ほど掘ったでしょうか>

ただし掘った時間は丸1日というわけではなく、堀機などの故障も多かったので、再度同じ作業をするなら丸2日もあれば終わるでしょうか?

とにかくきつかったのは表土の石の多い層でした。
手の皮がズル剥けでしたw
その後は楽にはなりましたが、掘るにつれて堀切を伸ばしていくために、取り回しが難しくなり引き上げのペースがどんどん落ちていきました。

一般的な井戸は浅井戸というものが多く、浅井戸のポンプは真空ポンプの構造で、大気圧を利用して吸い上げています。
それなので最大でも1気圧の10mまで、ただし配管の圧力漏れなど考慮してメーカーでは8mと記載されています。
つまり昔ながらの手押しポンプの井戸がそこかしらにあるような土地では10mも掘れば水が出るんですね!!

実際うちのところでは5.5~6.0mくらいで水が出ており、7.5mで掘れなくなりましたが、下の方がずっと水っぽかったです。

わずか5m下に水がなみなみって中々怖いですね><

ですが水を入れながら掘り進むので、途中から水を足さなくてもなんか水が減らない?
みたいな感覚はありますが、帯水層へ到着したかよくわかりません。

ガメイは↓のように確認しました。



帯水層から1.5mほど掘り進めました。
岩にあたって掘れなくなったのとこれだけ水があれば十分と判断したからです。

掘り終わったら井戸洗いをします。

井戸洗い 前

井戸に水を流し込んで…
待つこと1時間

井戸洗い 後

水がきれいになってきました!!
水が完全に透明になるまで続けます。
ガメイ宅では1時間半位やったでしょうか?

その後井戸の底はそのまま砂層になっており、砂の舞い上がりを防止するために

活性炭

活性炭を投入!

30メッシュの細かい網戸で作ったストレーナー1号(こちらは試作品で、本番はできの良い2号を使いました。)
を管に挿入!

ストレーナー

旧井戸のポンプをつないで

井戸接続

揚水成功!!

揚水成功

なんですが、水が連続して出ません><
溜まっている1.5mの水を吸い上げるとしばらく置かないと水がでない(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!

まさか堀が浅かった!?
嫁に馬鹿にされる!!
しかしこれ以上は岩が邪魔して掘り進められない!
もう一本掘るか?でもここまで掘った費用が…
折角頑張ったのに終わり??
業者に頼むべきだったのか?



さまざまな考えが浮かんでは消える…

というわけで次回に続く(誰も読んでないって?
スポンサーサイト

本日着手承諾です!

おはようございます。ガメイです。

許可書

そういえば道路の縁石撤去の許可書が発行されました!
あとは警察に道路使用許可を出したり色々しなくてはいけないですが、結局県道で6mと長めの撤去幅になったため、
自分で工事するのは中々厳しく、業者を選定し始めました。
ですがこの申請書を業者に頼むと10万前後かかるみたいなので、許可書を自分で出すだけでこれだけの費用が浮いたと考えればよしとするしかないですね><

申請した位置図です。

縁石申請位置図

業者さんに頼むと大概半分の3mで6mは難しいとか高くなるといわれました。
で最初の業者見積もりで80万とか出してきましたが、6mで申請を取って
アスファルト屋さん等に見積もりを出してみると35万超える位が相場見たいです。
3mの倍なのに!最初の業者は一条の提携でしたがぼったくりが酷かったです。
しかも3mから6mだとアスファルト舗装の厚さも倍にしないといけないのでそれを考えると最初の業者のぼったくり度が果てしなかったことがわかります。
専門的な工事でもある程度相見積もりを取らないと恐ろしいことになりそうです。


そして今日遂に!

着手承諾

の日がやってきてしまいました。
夕方17時からの予定なので、ラストまでは何か変更点がないかもふもふと話し合いたいと思います。

P6130150 (Medium)

すでにこれだけ変更点や確認事項があるのですが果たして今日中に着手承諾できるのでしょうか…

着手の注意事項等あれば是非コメントくださいm(__)m

今更だけど外観パース図。

そういえば、今更ながらに外観のパース図を公開していなかった事に気づきました。
とはいえマイホームデザイナーで作ったものを公開しているので、
アップする必要はあるのか・・・?Σ\( ̄ー ̄;) 
というツッコミのお声が聞こえてきそうですが、折角なので公開します。

我が家は全面ハイドロテクトタイルのオプションを選びました。
キャンペーン中だった事もあり、壁の塗り替えが不要な事・綺麗な状態が保ちやすい事
その2点に魅力を感じて採用しました。

展示場やブログなどを見ていると、バイカラーで建てられている方が多いなぁという印象があったので
最初は折角なら2色使いたい!と考えていました。
主人は「外構および、外観は気にしないから、もふもふの好きにして良いよ」という
私の意志を尊重してくれていたので、ピンクのタイルを使う事は確定していました。

pink.jpg
↑ピンクというより、ベージュ…?ピンクベージュと言った所でしょうか。


ただ、バイカラーにしようか。といった所で現れました「一条ルール」

バイカラーにできる部分は、構造上凸凹になっている所か、窓枠がある部分でしか使えないとの事。

PSS.jpg
↑このパース図は、一番初めの我が家のプレゼンで出していただいた物です。
  こんな感じに出っ張ってる部分などで切り替えができるみたいです。
  (情報が違ってたら指摘してください(;´・ω・))


我が家は長方形な家です。たぶん、外から見るとノッペリした感じになるかも・・・。
イメージしていた部分で色を変えられない。と凹みましたが、担当営業さんが一先ずバイカラーでパース図を
作ってみますねと、ためしに作ってくださいました。

それがこちら↓

☆南側は一色
P2.jpg


★北側をバイカラーにしてみる
P1-2.jpg


p1-1.jpg


う~ん。何かがイメージと違う( ;∀;)
これは完全に好みの問題だと思うので、変とか変じゃないとかより
好きじゃない!


窓二つ分とか、この窓から半分、とか指定できれば良かったのですが
「1つの窓枠での範囲」しか変えられないとの事です。

先ほども記述しましたが、我が家は真四角の片流れ屋根。
かなーりノッペリ感が心配で、バイカラーで・・・と思っていましたが、色々考えて
外構で賑やかさや動きをだせば良いんじゃないか?という結論に至りました。
そこで選んだ答えは

PS2.jpg


PS1.jpg


ピンクタイルの1色でした。


サッシの色もグレーに変更しています。
こちらも迷いましたが、「白は汚れがとても目立つ」というブロガーさんの意見が多く
ズボラーな私には白は無理orzという判断の元、グレーに変更となりました。

玄関ドアも、三協アルミに実際に訪問して白いドアに変更しました。
玄関ドアは黒か茶色。という変な先入観があったのですが、実際に実物を見たら
白がとっても可愛かったんです。

DSC04278.jpg
(白いドアはこんな感じ。デザインは一条では選べない物です。)

茶色より柔らかい、優しい雰囲気になってくれるといいなぁと思っています。


外構屋さんとのファーストコンタクト

ここ数か月、外構に頭を悩ませているもふもふです。こんにちは( ;∀;)

みなさん、一条提携の業者さんでお願いされているのでしょうか・・・?
私たちはというと、一条に紹介してもらいつつ自分で数社にプランと見積もりをお願いしました。
どういった所にお願いしていいか分からなかったので、まずは一括で見積もりをお願いできる
外構の総合サイト的な所から、詳細な希望と平面図、マイホームデザイナーで作った
外構のパース図を添付してコンタクトを取ってみました。
(パース図と平面図を送ったのは、基準となる見積もり金額を出してもらう為)
↓送ったパース図↓
MHD正面


各業者さんの対応は随分と違ってきました。

【A社】
送って3日目位に返信のメールがありました。見積もりと希望のパース図作成しますとのこと。
一貫してレスポンスも早く、こちらの希望もなるべく汲み取ろうとしているのが
伝わってきて、とても感じが良かったです。
初回の打ち合わせの前に、送ったパース図の見積もり金額を出してくださいました。
打合せの日程も決め、実際に訪問。
プランも2通り用意してくださり、料金も比較的抑え目で色々と融通が利きそう。
自社で職人さんを抱えてらっしゃるそうなので、対応が早くできるとのこと。
パースも自宅で見られるように、データを下さいました
始終感じもよく、デザインも悪くなくて◎
ただ、i-smartはあまり施工実績が無いという事が少し気がかり



【B社】
こちらも3日位でファーストコンタクトがありました。
希望の内容に多少触れつつも、まずは打合せから~。という内容。
とりあえず打合せ日を決めて、訪問。
その際には添付したパース図の見積もりも頂けました。A社より少し高い位。
事細かに希望も伝えて、2週間くらいでパース図と見積もりを送ります。と、なりました。

<2週間後>
も「B社さん中々送ってこないね~。忙しいのかな?」
ガ「メールで送るっていってたよね?」
も「もう少し待ってみようか~。」

<1か月後>
ガ「送ってこない・・・忘れてるんじゃ・・・?」
も「これは忘れられてるねwwwww

というわけで、電話で問い合わせ!
そしたら先方から謎の発言が・・・

「すみません、勘違いしていました」

何を勘違いしていたのか謎・・・。ガメイが電話をかけてくれたのですが、こちらとしては
早くパースと見積もりさえ送って頂ければ問題ないので突っ込まず・・・。笑
「1週間位ですぐつくります!」といわれ、待つことに。

<1週間経過>
ガ・も「こない・・・・」

<2週間経過>
ガ・も「こない・・・・勘違いして違う人に送っちゃったんじゃ?(最早二人の間でのネタになっていた)」

<1か月経過>
ガ・も「もう諦めよう(苦笑)」

ってことで、結局メールも電話も郵便でも何も来ていません。
あの打合せの時間はいったい何だったんだ?!とだいぶ呆れましたが、最初の段階でこんな対応をされたら
契約後の対応も不安になります。
ismartや一条の外構も沢山実績があるそうですが、プラス要因よりマイナス要因のほうが大きすぎ



【C社】
1週間後くらいにファーストコンタクトがありました。
かなり詳細に希望を書いたにも関わらず、それには一切触れずにまずは打合せ~な内容のメールでした。
仕方ないとはいえ、ちゃんと目を通してるのかなぁとちょっと疑問な感じ。
とりあえず訪問して打合せ。営業さんとデザイナーさんは別にいらっしゃるようで、営業さんがヒアリングして下さいました。
希望を全部伝えて、パース図と見積もりを依頼しました。
その際に言われたのが、
・最初から金額内でおさめた物を提示する
・金額を一旦度外視して希望を全部詰め込んでみる
どちらで最初プレゼンしますか?といわれたので、せっかくなら!と後者を選びました。

そして2週間後に出来上がってきたパース図をみて、私一目ぼれ!
かなり気に入っていましたが、希望予算より200万はオーバーする数字に
そこから色々削っていく方向になりました。
テイストを変えずに金額を下げるのは難しいので、色々試行錯誤していただき
最終的には希望予算を少しオーバー位まで行きました。
数回打合せをしましたが、一旦そこでストップ。
smartの実績も多少はある、デザイン会社なのでセンスが抜群に良い。
好きなメーカーの指定取引業者さんなので、好きなテイストが伝えやすい。
ただひとつ、高い。でも一番重要な問題



【D社】【F社】
ファーストコンタクトすら無し!


と、自分で探してきた業者さんは対応がかなりマチマチでした。
現在はまだ決まっていませんが、一条から紹介してもらった業者さん2社のうち1社は蹴り
1社と打合せ中です。ただ、そこに決めるかほかに決めるか、迷い中です。
因みに、蹴った1社は本当に酷かった。

最初の打合せで、縁石撤去に100万は掛かるとか・・・
一条の展示場に来ていただいて、打合せしたのですが100万という数字が出た瞬間にその場が凍りました(;´・ω・)
ガメイが縁石撤去について調べている最中で、大体の金額の予測をしていた段階でした。
なのでその数字があまりにも突拍子もない数字だったんです。
「そんなに掛かるか?」と二人で目配せしていたら
その営業さんも、空気を読んだのか「あくまで高く見積もってですけどね!」
と言い直していましたが・・・。
そのまま疑問に思わなかったら、絶対100万で見積もり出してきただろうな・・・(-_-;)

そして数日後に、出来上がってきたプランはというと・・・。
デザインも見積もりも、話何きいとったんじゃー!こらー!と
思わず口を悪くしてしまいたくなるような物でガックシ

私が上手に伝えられなかったのか、営業さんに汲み取る力が足りなかったのか分かりませんが
私たちの中で「一条提携はボッタクリなのか?!」と警戒心が生まれてしまいました。

幸いなことに、今打合せしている提携業者さんは全くそんな事もなく安心しています。
ただ、やはりA社とC社のプランも捨てがたく、かなり迷っています。

井戸掘りDIY 1

こんばんはガメイです。

実は実家には井戸があります。

井戸位置

場所的にはちょうど新築予定地の真ん中らへんで、どう配置しても基礎に被ってしまう場所です。

現在うちの両親(敷地内の別宅在住)が庭水や亀やメダカの水などに井戸水を利用しており、井戸は残してほしいとの意向でしたが、

ガメイ「基礎の下に埋め込むとかなんとかして残せませんか?」

設計士さん「ダメです!地震などの際に地盤が崩れたり、地盤が弱くなってしまいます・」

ガメイ「そこを何とか!」

設計さん「ダメです!!」

まあ…こればっかりは仕方ないです。
地震で地下の井戸が陥没したら家が傾いたり、倒壊なんて危険もありますからね。

そこで既存の井戸はあきらめて潰すしかない…となれば新規の井戸?

今時井戸堀なんてしてるの???

調べてみると通常の丸い井戸は50万円~、打ち抜き式という細い鉄管を入れる井戸で20万前後…

高すぎる!!

ネットで打ち抜き井戸の業者や価格を調べているとなんとDIYのホームページやブログがわんさか出てきました!!

書籍も出ており中でも曽我部式と呼ばれる堀り方がポピュラーなようです。



恐らく一条では初!?かもしれない井戸掘りDIYに挑戦してみたいと思います。





 ・打ち抜き井戸とは?

 ・井戸掘り道具

 ・井戸を掘ってみよう!




打ち抜き井戸とは?


打ち抜き井戸とは鉄管や塩ビパイプなどのパイプを地面に埋め込んで、帯水層から直接水をポンプで吸い取る方式の井戸です。

井戸図

通常の井戸と比べると井戸の半径がとても小さく、掘る量が少ない為、簡単に掘れる。

ただし、帯水層の保水量や掘る深さなどによっては通常の井戸より水量が少なかったり、管を打ち込み、管の穴から水を給水させるため、砂などが混ざりやすいなどデメリットもあります。

がとにかく!安い!!個人でできそう?なのでまずはやってみよう!




井戸掘り道具についてはネットで情報を仕入れ、曽我部式井戸掘り器を改良して作成することにしました。

曽我部式井戸掘り器改

実物がこちら
井戸掘り1号

こちらは井戸掘り1号機です。(強度不足?で途中で壊れましたw

また地表近い地盤は石の多い地層だったので
鉄歯がまがってしまい削りなおしたり、塩ビ管の負荷が大きくて割れたりさまざまなトラブルが発生しました。

井戸掘りdiy 井戸掘り器故障3
井戸掘りdiy 井戸掘り器故障2
井戸掘りdiy 井戸掘り器故障1


井戸掘りは↓のように掘り進めます。

井戸掘り

水と一緒に土を掻き出し、弁で蓋をして地上までもっていき、これを繰り返し掘り進めます。
このまま管だけで掘り進めると周りの土が崩れて、進めなくなってしまうので、土止めに75mmの塩ビ管を打ち込みながら作業します。

実際の動画はこちら


土止め管です。
先端は帯水層から水を引き入れるために小さな穴が無数に開いています。
井戸掘りdiy 土止め管

このように土止め管を掛矢と呼ばれるハンマーで押進みながら穴掘り作業と順番に繰り返します。




住宅と関係ない井戸掘りの内容ですみません。
今日は疲れたのでまた後日結果などをアップロードします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
フリーWEB素材 Re:vre
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。