2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ワイン庫① ワイン用エアコンを探せ!? ~Wine Master編~TOPワイン庫・自宅セラー ≫ ワイン庫① ワイン用エアコンを探せ!? ~Wine Master編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ワイン庫① ワイン用エアコンを探せ!? ~Wine Master編~

こんばんは、ガメイです。

タイトルにワイン庫と入っているのにまったくワインに触れてませんでした。
あまり需要もないのでいいのかもしれないのですが…

とりあえずワイン庫の構想としては

・温度は15度前後くらい
  実際20度超えなきゃ痛むこともないっぽい。

・湿度はある程度ほしい
  ヨーロッパのワイン庫でも実際高湿でないところも多く、
  瓶を寝かせておけばよほど乾燥による劣化は考えなくてもいい。
  高いなら越したことはないけどね。

・部屋の気密・断熱はしっかりしたい。
  外壁については高気密かもしれないけど、部屋間の気密と断熱はほとんどないのでなんとかしなきゃ。

・光熱費は抑えたい
  そりゃそう。

まず、契約時にワイン庫に関しては責任をもって施工させていただきます!」
という言葉をいただいて契約したのですが、一条では部屋の気密を取るのが限りなく難しそうなんです。

設計士さん曰く「外壁面と床、天井は大丈夫ですが、それ以外の壁面はグラスウールで大丈夫でしょう」

みたいな感じのことを言われてのですが、様々なブログをあさって画像を見てみると、
部屋間の壁って本当にがらんどうで柱と合板のみ!?
天井も隙間だらけ。
しかもグラスウールについてはスウェーデンハウス張りに詰めてもらえればまだ安心できますが、
袋入りの薄いもので、しかも設計士曰く「グラスウールは防音用のものなのでなんちゃら」

ダメじゃん

そして隙間だらけの天井部については「グラスウールは入れれません」

ダメじゃん!!


そんなこんなで一条にワイン庫を作るのは難航しそうだと今更に気づく。
契約するときはまさかこんなに柔軟性のない会社だとは思ってなかった。
というかどの口が責任もって施工するなんて言ったんだと少し怒りすら覚えます。

まずワイン庫を作るにあたって

・部屋を高気密高断熱化する。
・専用の空調機を導入する。



この二つが欠かせません。
とりあえず、最初はまだ間取りも完全ではなく、部屋のことは一条に任せてとワイン用の冷却器を探し始めました。

…が、専用の装置というものが中々ないんです・゜・(/Д`)・゜・

そんな中で見つけたのが

ワインマスター【WINECI8】という機種で


オフィシャルのサイトのpdf
http://www.fondis.com/medias/catalogue/cata_2012/catalogue_wine_2013_web.pdf
によれば様々な機種があり、

日本で取扱いのあるのは
エコモ株式会社
http://www.kht-eco.com/life/kaden/winemaster/
ロスハウス
http://lohouse.net/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E5%86%85%E5%AE%B9/%E6%B3%A8%E6%96%87%E4%BD%8F%E5%AE%85/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%BC/

この2社で取扱いがありそうだったのですが、エコモさんのほうはHPはあるがすでに取扱いが終了していてダメでした。
ロスハウスさんは詳しい説明書などを送付してくれたのですが

ワインマスター

壁に穴をあけないといけないらしく一条ルールで外壁の穴は却下
室内の穴は稟議を出してみないと…でも難しいかもしれませんとのこと。

どうやら2社とも森永エンジニアリングという会社が輸入した製品を販売してるらしく、
調べてみると

フォンディス社 ワインセラー用エアコン内蔵ドアユニット発売

こんな製品を発見!
たぶん↓のやつですね。

ワインマスター ドア

これならいけそうではあります。

ただ室内の壁に穴をあけるにしろ、ドアタイプにしろキッチンに向けて温風が吹き荒れ、夏場はかなり暑くなるんじゃ…うーん

とりあえず森永エンジニアリングに問い合わせたらpdfにあったセパレート型の機種もあるかもという期待を胸に営業さんが連絡を取ってみてくれたところ

営業さん「現在は取り扱ってないそうです。」

そしてドアを入れるのも稟議をだして通るかi-smartでは別のドアを入れた事例がほとんどなく、特殊なドアなので怪しいらしくとりあえずワイン専用のエアコンwinemasterの導入は難しそうでした。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
フリーWEB素材 Re:vre
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。