2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ワイン庫② プレハブ編 ~三相交流の罠~TOPワイン庫・自宅セラー ≫ ワイン庫② プレハブ編 ~三相交流の罠~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ワイン庫② プレハブ編 ~三相交流の罠~

こんばんはガメイです。

誰にも需要のないワイン庫の話②です。

さてワイン専用のエアコンと言うものの導入に失敗したわけですが、

同時にネットで調べたりFBでワインのコミュニティで相談した所、設計士をやっている方からプレハブ庫というものの組み込みなら簡単じゃないの?という話を聞き、

プレハブ庫探しの旅に出ました!

プレハブ庫と言うのは
プレハブ庫

農家や飲食店の大型冷蔵庫とか冷凍庫に使われてるこんなやつです。

ウレタンの充填されたパネルで密閉された冷蔵庫なんですね。
完全に業務用w

野菜などを保存したりするタイプだと、恒湿エアコンと言って湿度を保ってくれるエアコンがついていたりするので、ワインの保存にもピッタリ。
また市販の家庭用エアコンは霜対策などがいらないように16℃が最低温度なのですが、こういったプレハブ庫のものは
中温エアコンや低温エアコンと呼ばれる、マイナスから15℃とかくらいの通常より低い設定温度に指定できるのでワイン保存にはいいのです。

ぶっちゃけ16℃でもワインが傷む温度ではないのですが、湿度の問題もありますし、難しいところです。

とりあえずこういったプレハブ庫を部屋の中にそのまま組み込めばすべて解決!

ただし前回の反省を活かして冷却器は一体型ではなく、一般的なエアコンと同じようなセパレート型の冷却器を入れる必要があります。

一応何社か連絡を取ってみたのですが、一番がっついてきた&本社が地元に近い
ホシザキ電機さんと詳しい話を営業さんが聞いて、見積も取ってみるとのこと。

これは行ける??

と思いきや、まずプレハブ庫が重すぎること、プレハブの素材は分厚いウレタンなのですが、それを通しても外壁が結露しているので部屋に組み込むのは無理。
床も土間でもっと広い空間が…

という話で終わりました。

ただワインに使えそうなエアコンはプレハブ庫に採用されている機種で行けるので
とりあえず部屋はなんとか一条に頑張ってもらえる方向で

部屋の大きさからちょうどいいエアコンを探してみると…

ありました!

ダイキンのLSVMP1Aという機種です。
LSVMP1A ダイキン低温エアコン

ダイキンは一条と提携している企業なので取り付けもお願いできるはず!!
営業さんに価格を確認してもらうと

取付費込で

低温用エアコン
LSVMP1A
本体+施工費 457,000円

中温用エアコン
LSEHP2F
本体+施工費 525,200円

むむむ、高いが仕方のない出費かも。
LSVMP1Aの見積もりを頼んだだけなのに、一応中温エアコンの近い機種の見積もりを取ってくれる所がうちの営業さんの素晴らしい所です!!

ここで同時進行で

オーダーメイドワインセラーを作っているコールドキューブさんに見積もりを出してみたところ…

停電時のバックアップまで用意されてるというワイン専用の空調だけで170万。
少し食い下がって何とか部屋ごと200万くらいで!!と頼んでみたのですが、
やっぱり甘くありませんでした。
300万以上はかかるとのこと><

さすがに手が出ません。
と言うかそんなお金あったらワインに使います!!

そしてここで一つ大問題発生!!

営業さんがコールドキューブさんとの打ち合わせの中で電源に三相交流200Vを使っていることが判明!!

なんじゃそれ?普通の200Vと違うの??

違うんです!!

三相交流(さんそうこうりゅう)とは、電流または電圧の位相を互いにずらした3系統の単相交流を組み合わせた交流である。
120度 (2 \pi / 3 [rad] ) ずつ位相をずらし、それぞれの位相のずれが同じである三相交流を対称三相交流と称し、通常は対称三相交流を単に三相交流と呼ぶ。
三相交流電源は主に交流電動機の駆動に用いられることから、電力会社などでは動力(どうりょく)と呼ぶ[2]。これに対し、単相交流電源を電灯(でんとう)と呼ぶ


Wikipediaより引用


工場とかで工業用に使われてる特殊な電源ということですね。
電気代は家庭と比べるとかなり安く、効率もよい電源らしいです…



私達の住んでいる中電の管轄だと1kwあたり約1123円の基本使用料がかかるとのこと。
基本使用料マジっすか!!しかもかなり高い。

しかも価格を出してもらったダイキンのエアコンもやはり三相200Vでした。

色々単相のエアコンなどを探してみたり、別のオーダーメイドセラーを作っている会社にあたったり、
調べつくしても単相のものが見つからないか、500万とかそれくらい高額になるかで手が出ません。

割りとふりだしに戻ってしまったorz...
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
フリーWEB素材 Re:vre
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。