2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ワイン庫③ ~クルム保冷室~TOPワイン庫・自宅セラー ≫ ワイン庫③ ~クルム保冷室~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ワイン庫③ ~クルム保冷室~

こんばんはガメイです。
ちょっとここの所引っ越し先探しやらで忙しく更新さぼってました><

中々進まないワイン庫の話その3です。

先回プレハブ型や業務用のエアコンの電源が三相交流であったため別のものを探し始めたのですが、

実は以前にFPの家のクルム保冷室を入れれないかFPの家の代理店に何件か問い合わせたことがあり、

A社「入れれなくはないけど難しいし…高いよ(あまり乗り気ではない)」

B社「弊社で家を作らなければ無理」

C社「一条ですか?むしろ弊社に乗り換えたらいいよ!うちの断熱は~(ry」

なんて意見を頂戴して話が止まっていました。

クルム保冷室とはまさに探していた通りの住宅にプレハブを組み込んだ形の保冷室で温度的にもワインの保存には最適なんです。
クルム保冷室

先回の電源がこけたことで、優秀なうちの担当さんが再度FPの代理店さんに連絡を取ってくれました。
さらに代理店さんから普通のエアコンみたいな感じで導入できると連絡を受けたらしく、見積もりを取ってもらうことに!

ただし
A社「住宅の施工途中に工事させてほしい」
B社「引き渡し後に工事します。」

一条的には施工中の工事はNGらしいです。
何か傷がついたり、責任問題が出た時の線引きができないとかなんとかそんな理由。

というわけでB社さんで見積もりを取ってもらうことに!

その額



税込1,272,240円

うーん中々良いお値段でございます。
が何とか許容範囲??

これで行こう!


と思ったときに営業さんから

営業さん「実は問題がありまして、FPさんから見積もりと資料をもらって確認したところ、以前のWineMasterと同じく壁に四角い穴をあけないといけないタイプのエアコンで、施工できません。室内に排気を向けるとか…。見積もりの前の話ではできるとの話だったんですが…すみません。」

ガメイ「窓から室外機部分を出したりとかで何となりません?」

営業さん「私もそれを考えて相談してみたのですが、まず窓を付けるとサッシが外壁を剥がさないと外すことができないようです。
また、大きい開口を開けて機械を付けることで、その機械が熱を通してしまい、気密断熱を大きく損なってしまう可能性があるようです。」

これは仕方ないですね。
おそらくFPさんも壁に穴をあけられないとは思ってなかったのでしょう。

クルム…素晴らしかったのに><


またしても白紙にorz
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
フリーWEB素材 Re:vre
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。